システム化した通信

システム化した通信

インターネットが日常化

90年代半ばにWindows95が発売され、パソコンが一般家庭に浸透しました。
デジタル式のシステムが、より身近に感じられるようになり、以後携帯電話も、予想以上の普及となり、日本でもデジタル時代が到来したと言えるでしょう。
そういうデジタルを象徴するのが、おそらくインターネットでしょう。
すでに日常と化していますが、一般家庭に普及し始めた頃は、海外の人とも気軽に通信が可能であり、画期的なものと見なされました。
もちろん、今でも便利なものに変わりはなく、ますますサービスが向上していると言えるでしょう。
システム的には、たとえば家庭に光回線を導入すると、回線業者の収容局へつながります。
そうして、光ファイバーを通し、インターネット網へつながる収容局に接続されます。
実際、プロバイダの免許を持っている業者は、一箇所に集められ、お互いの通信が可能となっています。
しかも、それを行うのが、ルータという機械であり、コンピュータネットワークを知っている方であれば、より近道を経由し、目的のサイトなどに接続するための機器と認識していることでしょう。
実際、光回線でも、家庭内にルータを設けることで、よりスピーディーにインターネットを楽しむことができるようになっています。
こんなインターネットも、すでにブロードバンド時代となり、送受信できるデータ容量も、かなりのものとなっています。
マンションなどでは、光ファイバーではなく、電話回線を経由した光回線もありますが、それでも100MB程度のベストエフォートサービスとなっています。
こういう高速化がなされているからこそ、これからも、ますますインターネットの日常化が進んでいくことでしょう。

お薦めサイト

Copyright (C)2017システム化した通信.All rights reserved.